空飛ぶグータン日記

エアーズロックを見てみたい

オーストラリアと言えば、まず頭に浮かんでしまうのはエアーズロックです。
写真で見ていると、大草原にぽつんと大きな岩が転がっている感じのものです。

もちろん決して小さなものではなく、壮大なものなのでしょうが、写真で見る限りではなんとなく素朴間を感じるものです。

いままでにオーストラリアには行った事がないため、実体感をしたことがありませんが、機会ががれば実際に見てみたいものです。
驚いたことにこれは一枚岩となっているようです。

エアーズロックという名称はイギリスの探検家によって名づけられたようですね。
実際にはウルル-カタ・ジュダ国立公園内というところに存在し、
世界の中心という意味合いで「大地のヘソ」、とか「地球のヘソ」と呼ばれることもあるようです。

人はうまい表現をするものだなあと感じます。とてもイメージしやすい表現だと思います。
山頂まで登ることも可能なようですが、天候の悪い日などは登山禁止となるみたいです。

現地の人たちにとってはエアーズロックは聖地と思われていることもあって、
観光客始め部外者が登山をすることをあまり好ましく思っていないという事実もあるようです。
いずれにしても地球の宝のひとつですね!!

日本で言えば行きたいのは車山高原のペンションですね。
友達からの口コミなのですが、初夏にトレッキングなど山を歩くと、本当に最高に爽快みたいですよ。

あとペンションとかプチホテルとか、オシャレで料理も美味しいところも多いとか。
冬は雪にきをつけなければいけないみたいですが。
[PR]
# by gutann | 2013-11-20 23:54 | ライフログ

1番カッコイイ女優さん

バイオハザードが好きです。ゲームではなく、映画の方。
と言っても、ゾンビ映画が好きなわけではなく、バイオハザードシリーズの主演女優ミラ・ジョヴォビッチが大好きなんです。

ミラ扮するアリスの戦闘シーンがめちゃくちゃカッコイイんです。
ジャンルとしてはゾンビ映画になりますが、アリスの戦闘とかのおかげでわりとすっきり見られます。

私はホラー映画なんかはとっても苦手なんですが、これは面白いです。
確か3作目かな?には東京も出てくるんです。
渋谷のスクランブル交差点の真ん中で、中島美嘉さんのゾンビが人を襲うという衝撃のオープニングがあります。

ミラの身軽なアクションはかなり爽快感があります。
まぁ相手がゾンビなので、そこまでスカっとする感じではないですが。
ただちょっとシリーズが続きすぎな気がするので、そろそろ終わりでも良いかなぁと思ったりもしますが。

ミラの最新作の「三銃士」も最近やっと見ました。
これもなかなか面白かったけど、ミラの出番がちょっと少なくて残念。次の主演映画に期待です。

☆強運だと思う女優さん
ミラ・ジョヴォヴィッチは、フィフス・エレメントで、彗星のように表れて、注目された女優さんでした。

その後、ジャンヌ・ダルクというハマリ役を獲得するものの、何となくヒット感もなく、オワコンっぽくなってきたところに、あまり期待していなかった?バイオハザードが始まります。

何といってもゲームをモデルにした映画ですから、しょせんは単発もの、色物扱いから始まったのではないかと思います。

ですが、これが大ヒット。
彼女の代表作となりました。ていうか、実質的にはこれしかないのかもしれません。

ビジュアル的にも昔の可愛さはなくなり、今はたくましさの方が際立ってきています。
バイオハザードのイメージを崩さないようにしているのかもしれないですね。

今後は、違う作品で一皮むけたミラを見てみたい気もしますけどね。
[PR]
# by gutann | 2012-08-17 10:03 | 日々のできごと

仲良しのお友達と久しぶりにのんびり公園で

久しぶりに仲良かった息子の友達と会い、公園で一緒に遊ばせました。
お互い、生まれも1カ月しか変わらない3歳の息子がいて、それぞれ4月から別の園に入園しました。
うちは幼稚園、友達の子は保育園へと通っています。

公園で待ち合わせをして会いました。ママ同士は時々会うことがあったりありましたが、子どもたちは約2カ月ぶりに会いました。

さっそく、会うと2人は手をつないで公園の遊具の方へと走って行ってしまいました。
2人は体格も似ていて、後ろ姿をみていると双子ちゃんのようでかわいかったです。そして、遊び方や興味を示す物も似ています。

2人でずっとくっついて一緒になって遊んで、すべり台、ブランコ、岩のぼり、葉っぱ遊びなどを楽しんでいました。

ママ同士は「仲間がいると子ども同士で遊んでくれるからいいね」と言いながら、子どもたちの動きを追ったり、写真を撮ったり、おしゃべりをしていました。

おやつの時は時々、お菓子の取り合いになったりもしていましたが、それもまた子どもらしくてかわいかったです。

お互い、入園する前は平日も一緒によく遊んだりしていたけれど、別々の園に入園すると、一緒に遊ぶ機会も減ってしまいさみしく思っていましが、子どもたちにとっては、それもまた新鮮で楽しく仲良く遊べるようで嬉しそうにしていました。

△周りを気にしてしまう自分が嫌
昔から人間関係に悩まされています。過去にイジメられたとかではないのに、自分がどう思われているかすごく気になる性格がいつまでたっても治りません。

独身時代は自分のことなので、嫌われたら仕方ないと割り切れたのですが、結婚してからは子供が関わるので、私が嫌われてしまったら子供にも関係してしまうと思ってしまい、ますます気になってしまっています。

ママ友と遊んで帰ってから、あんなこと言わない方が良かったかなと後悔してしまうことがよくあります。
帰ってから「今日はありがとう」のメールをしてしばらく返事がなかったりすると、何かしてしまったかなとか、今日楽しくなかったのかなと余計なことを考えてしまうのです。

集団になると、私がいない時に悪口を言われていないかなと考えてしまったりもするので、集団が苦手です。

周りからは、あっさりしていて何も気にしなさそうと言われるのですが、実はすごく気にしいな性格が自分では嫌で仕方がないです。

子供がいるからこそ、あまり気にせずにあっさりとしたママ友の付き合いをするのが一番だなと思うので、そうなれるように性格が変われたらなと思う毎日です。
[PR]
# by gutann | 2012-06-09 06:03 | 日々のできごと

毎週やってくれているワイシャツのアイロンがけに感謝!

私はサラリーマンであるため、毎日会社にはワイシャツを着ていっています。
通常一週間で5着必要となります。

妻は日々洗濯をしてくれて、週末に一気にアイロンがけをしてくれています。
毎週待つその姿を見ているのですが、形の複雑なワイシャツにアイロンをかけるというのは意外と面倒臭いことがよくわかります。
それも5着分となるとかなりの時間がかかります。

夜遅くなってから気がついて作業をしてくれようとする時には、別にしわがあってもいいよ!というのですが、妻としてのプライドもあるらしく、必ずやってくれています。
そんな妻にはかなり感謝をしています。

以前自分でもやってみたことがあるのですが、センスの問題もあり、なかなか綺麗にはいかないものです。
せっかくアイロンがけした部分が、他のところをやっているとまたシワになってしまったり・・・

そうなんです。
実はこれはかなりの高度な技術を要するものなのです。
男性が一朝一夕でやろうと思っても、なかなか上手くできないものなんです。

以前には洗った後にアイロンをかけなくてもシワが延びる「形状記憶」の素材をつかったワイシャツがありましたが、今もあるのでしょうか?

強力な「形状記憶」なら、着ている最中もシワが伸びたままだったりするのでしょうか?

□最近のシャツはシャープな印象。
シャープと言っても、株価下落で経営再建中の会社の話ではありません笑

最近のシャツは、襟元が低くて、シャープな印象に見せるものが多いと思います。
少し前は、逆に襟が高めだったのですが、それが流行ってくると、逆に胡散臭い印象に見える時が増えてきていたんです。

ですから、今の低めに作られたシャツは、本当に流れを読んでよくできていると思います。

何だか、襟を立てている人は信用できない。
って言う人がいるのですが、それは本当にそのとおりだと思っていて、何だか詐欺師的な印象を受けるんですよね。

襟を高くすることによって、
・自分を本来の自分よりよく見せよう
・本心を隠そう
そんな裏の心が見え隠れするような気がするのです。

そんな人が美味しい話を持ちかけてきたら気をつけるようにしましょう!
[PR]
# by gutann | 2012-05-08 05:25 | ライフログ

日本から4島が世界自然遺産に推薦されるかも!

奄美大島、徳之島、沖縄本島北部(やんばる地域)、西表島の4つの島が世界自然遺産に推薦が検討されているそうです。
沖縄は自然も綺麗で世界遺産に登録されてもおかしくない美しさだと思います。
すごいですねー。

日本の世界自然遺産は屋久島、小笠原諸島、白神山地、知床の4つが現在登録されていたと思いますが、その中にこの4つの島が登録されるかもしれません。
日本の中からまた世界に誇れる場所が生まれるのはとてもいいことですね。
沖縄は癒されるために行くって人が多いような気がしますね。

沖縄には1度だけ行った事があるのですが、浜辺から見た景色は本当に綺麗でした。
短い期間だけしかいられなかったので多くを見ることはできなかったのですが、景色の綺麗さもあり、多くの人達にも助けてもらったりしました。

まだ検討の段階ですが、自然遺産に登録されたら、また行ってみたいですね。

あと、私の計画として屋久島に行くというものがあるのですが、これがまだ達成されていません。
和民の渡邉美樹さんのTwitterや本などで、度々、屋久島が紹介されているので、それを見ると行きたくなってしまうんですよね。

仕事が落ち着いたら、絶対に屋久島と沖縄に行ってみようと思います。
それまでにお金もたくさん貯めないとね。

□秋が懐かしい!?沖縄の秋冬事情。
私の実家は鳥取県なんですが、先日実家より梨を送ってくれました。

鳥取の梨といえば20世紀梨。
つまり青梨です。

最近は柔らかい触感が好まれるようで赤梨の方が人気のようですが、私は昔から食べなれた青梨が好きです。

久しぶりに食べた感想は懐かしい感じでした。
勿論、実家のある鳥取県に対する懐かしさもありますが、

沖縄にいるせいか、本土でいうところの紅葉であったり、虫の声といった所謂「秋らしさ」に対する懐かしさでした。

南国沖縄とはいえやはり一時の暑さから見れば多少涼しくなりましたが、本土で言えば初夏程度の気温にはなります。

しかも11月ぐらいまでのはこの初夏程度が続きますので、沖縄にいると秋や冬の存在を景色や食べ物で実感することが少なくなります。
当然、冬服のコートなんかの出番もなくなりますから、余計に懐かしさを感じました。

来月は実家に帰省するので、秋を感じてこようと思います。
松茸はなかなか本土とはいえ高望みなので紅葉ぐらいは見てこようと思います。

□自転車が一夜で錆びる!?
2011年の台風15号は本土に大変な被害を出したようです。
震災時のような帰宅困難者も出たようですが、沖縄はあの台風が近海でうろうろした後、一気に気温が下がってきました。

日中晴れている日であればやはりまだ夏の気温になるのですが、特に朝晩は涼しさも感じるようになってきました。

以前は夜はノンタイマーで扇風機をつけていたのですが、寒さでタイマーをつけないと途中起きてしまうことも増えてきました。
きっと台風15号が夏の暑さを絡め取っていったのだと思います。

ということで比較的過ごしやすくなってきた沖縄ですが、実は台風シーズンはこれからが本番です。

今回の台風は本土の人にとっては非常に強い台風だったと思いますが、沖縄の人にとってはあれが普通の台風といった感覚です。

台風発生から陸地を通る事無く発達したままの台風が沖縄に来ますので大荒れが普通。
だから、住民も台風には慣れっこです。
建物も台風対応で出来ているので、台風のあとに瓦がとんだとか聞いたことがありません。

ただ、台風で困りものなのが四方を海に囲まれているので、雨風に大量の塩分が含まれているという事。

台風前に買った自転車が一夜で錆び付いてしまいました。
いやはや、南国で暮らすのも楽じゃありませんね。 
[PR]
# by gutann | 2012-01-15 17:26 | 日々のできごと

本棚を整理していたら・・なんかでてきた!

少し前に本棚を整理しました。
私の本棚はパソコンの雑誌や漫画など色々なものが入っているんですが、それを一度全部出してみたところ、奥から懐かしいものがでてきました!
それは1巻だけなくしたと思ってた単行本でした。

もう4年ぐらい掃除していなかった本棚なんですが、その中に1巻だけ空いている単行本があったんですよね。
まさか本棚の裏に隠れているなんて思ってもいなかった・・。
これで1巻の空白がなくなり、全巻揃って本棚に戻すことが出来ました!
更に本棚を整理したことで、空きのスペースが作れたので新しく何か漫画の単行本でも買ってみようと思います。
気になる漫画はとても多いんですが、何を買おうかなぁ・・
他にもなくしたものとかは多いんですが、もしかしたら部屋の整理したらいっぱい出てくるかな?

私は何かをなくすことが多いので、できるだけ自分の近くに物を置いてるタイプの人なんですよね。
でもそんなことをしていたら自分の近くに物があふれてしまってとても困ってます・・。
100均などで売っている小物入れ等様々なもので整理はしていますが、それでもあふれてしまいますね・・。

それからいつの間にかなくしたりして、よくわからないところに置いてあったりもしました。
自分の部屋なのに置いたものの位置すらわかってない・・。
物の整理って難しいですよね、みなさんも整理にはお気をつけて!

◯Windows8はどんなのかな?
マイクロソフトは2012年に新OSのWindows8を発売する予定ですよね。
私は正直言うと、あまり把握していません。
なぜなら、XPから7に切り替えたのが2011年の半ばのことなので、しばらくはパソコン自体を買い換える予定がありません。

さらに、MSにはビスタの失敗の例があるので、評判を聞く前から新OSに飛びつくなんて、趣味で使うならまだしも、ビジネスでそれをするのはリスクが大きすぎると思います。

ビスタの時に、MSとのコラボCMなのか何だか知りませんが、そういった企業もありましたが、作業効率の低下は大変なものだったでしょうね。
苦労をするのは現場の社員なので、そこらへんはもっと気を使ってもらいたいところですよ。

ちなみに8は、7をもっと使いやすくしたような感じにしてもらいたいですね。
7の完成度はかなり高いので、あんまり冒険をせずに、改善で良いのではないかと思っています。

新しくなるにつれ多くの新機能や、新デザインなどに触れられるのは、新鮮な気分にはさせてくれますけどね。
Windows8にはスリープの状態でも最新の情報を取得する機能や、USBメモリを使用することによって、どこでも自分の環境でOSを起動する事も可能なようですね。
今公表されている新機能だけでも凄いと思いますね。

◯NECがレノボの電話サポートも開始
NECパーソナルコンピュータ株式会社が、レノボ・ジャパン株式会社が発売している個人向けパソコンの電話サポートセンターを開始しました!

レノボと行ったらIBMのパソコン部門を買収したことで、アジアの会社が欧米を取り込んだことで話題を集めました。
そして、今度のターゲットはNECなのか?という布石とも思えるニュースですよね。

NECとレノボは、既に『NEC レノボ・ジャパン グループ』を発足していて、その時に個人向けPCサポートは、NECに受託すると発表されていました。

今回対象になっているシリーズはIdeaCentreシリーズなどが対象となっているみたいですね。
確かに海外のメーカーは、サポート体制を構築するのが面倒なので、手厚いサポートのみが特長となってきている日本メーカーにそれを委託するのは良いアイデアかもしれません。

デルあたりは自前で作っていますが、電話をかけると中国人と思われる方が出ますからね。
人件費削減のために、日本人以外のオペレーターを育成していることはわかります。

とはいえ、法人向けシリーズの『ThinkPad』などは、NECにサポート受託されず従来通りレノボがサポートするそうです。

NECは先日のニュースで格下げされていましたし、本当にかなりヤバイ状態らしいので、新興国のメーカーに数年以内に買収される可能性が非常に高いと思います。
その本命がレノボということになるのでしょうね。
[PR]
# by gutann | 2012-01-01 07:08 | ライフログ

動物看護師になるのはどうなの?

うちは親が昔から大の動物好きで、物心ついた頃から家や庭には動物がいるのが当たり前の生活をしてきました。
犬や猫は当たり前で、ウサギやニワトリもいたのかな。
今はもうそれほどではないけど、昔はかなりたくさんの種類の動物を飼っていましたね。
ニワトリは脱走するので、近所の道路にうちのニワトリが普通に歩いていたりして。。。
つかまえてまた家に戻すのも手伝ったことを覚えています。

そんな生活をしてきたので、動物に対する抵抗感もないし、だいたいパッと見で動物の体調とかがわかってしまうことも多いです。
もちろん基本的に動物好きです。
好きっていうか、もう生活の一部という感じなので、最近の可愛い動物をペットにして、ものすごく溺愛する。
みたいな感じではないですけどね。

親のおかげだけど、せっかく動物に関わって行きてこれたので、これからも動物に関わって人生を過ごしていきたいし、仕事にもできたらと思っています。
それで動物看護師という道はどうなのかな?って考え中です。
動物看護士に私はなる!などを見ながら情報を収集しているんだけど、まぁ予想通りというか仕事にすると、やっぱり大変そうです。
実際に働いている人に直接、話を聞いたりしてみして、もう少し情報収集を進めてから決断したいと思っています。

いっそのこと獣医を目指すという道もあると思うし。そうなると勉強が大変そうだぁ。

△国家資格にする動きも進んでいます。
現状、AHTやVTに関しては、「民間資格」しかないのですが、数年前から「国家資格にしよう!」という活動が始められています。

もし国家資格になれば、人間の病院における「看護師」のように社会的にも認知され、不安定な待遇も少しは改善されていくと思います。

周囲の人を見ていると「将来、動物に携わる仕事がしたい」という感性をお持ちの方は、一度、他の職業で働いたとしても、何かのきっかけで、またそのように思うことが多いようです。

それならば、最初からチャレンジした方が時間的、金銭的なロスも少なくなると思います。

人生のことなので簡単には決められないと思いますが、ご自分の「夢」や「思い」を大切にして決断してみてください。
[PR]
# by gutann | 2011-11-24 06:43 | 日々のできごと

マリンタワーは今でも横浜の大切なシンボル

横浜のシンボルと言えば、わたしにとっては山下公園や大桟橋、そしてマリンタワーです。

地元ということもあって、中学生くらいの時から頻繁に訪れていました。
港に遊びに行った時には必ずといっていいほどマリンタワーに登っていました。

今や横浜のシンボルはランドマークタワーに代表される「みなとみらい地区」になってしまっている感じですが。
私にとっては今も昔も変わりません。実は結婚式をマリンタワーの横にある「メルパルク」で執り行いました。
結婚前には妻とよくメルパルクに結婚式の打合せで足を運んだものです。
行くたびにマリンタワーに登って港の風景を二人で楽しんでいたのを思い出します。

10月でしたが、結婚式の当日も見事に晴れ渡り、山下公園から眺めるマリンタワーはとても綺麗でした。
時がたって、今の息子が誕生し、今度は親子3人で訪れました。
息子も張り切ってマリンタワーに登っていました。

実はエレベータだけでなく、階段で展望台まで行くことができるんです。
高いところが大丈夫な場合は港の心地よい海風を十分に感じることのできる絶好の場所です!

◯昔訪れたところに久しぶりに行ってみる
今まで旅行にはかなり行ってきましたが、その中でもまた行ってみたいと思える場所はいくつかあるものです。
毎年恒例とかいったものではなく、かつて訪れたところで久しぶりに行ってみたいという感覚のことです。
結婚前も結婚してからも妻とはいくつもの場所に旅行にいったりしました。
その中でも思い出に強く残っている場所はあるものです。

今その中で行ってみたいと思うのは、新婚旅行で行ったアメリカのフロリダ州にあるディズニーワールドです。
今思い出してもあの魔法のような異空間は本当に自分にとって心が癒される場所でした。
現実に引き戻される時にどれほどがっくりきたことか・・・

妻とともに一週間ほどそんな世界にひたって、非常に楽しかった思い出があります。
今はその空間に改めて家族で行ってみたいと思っています。

当然ながら長い休み、そして現実的な費用面を含めるとなかなか実現することではありませんが、
あの素敵な空間と時間をふただび味わえるのなら少し苦労してでも準備をしたいところです!!
[PR]
# by gutann | 2011-11-21 05:03 | 日記

NTTドコモの暴挙?バグってたからや~めた!

NTTドコモさん、スマホでやっちゃいました。
機種はスマホの「MEDIAS N-04C」。

これが大変で、OS更新後に致命的なバグが見つかったとのこと。
今回のバグは、おサイフケータイ機能「FeliCa」がまったく使えない状態になるという、前代未聞の完全なテスト漏れ。
バグというのもおこがましいですね。

恐らくOSのソースが固まった時点で、まったくテストすらしていなかったのでしょう。
しかも、機種不良は今回が初めてではありませんでした。
過去には、microSDやタッチパネルなどに不具合が発生する事象がありました。

情けないことにまったく同じ機種で、です。
一度あった教訓を全く活かせていないとは、もう弁論の余地すらありません。

慌てたドコモさんは「じゃ、更新やめま~す」とばかりにアップデートサービスを一時中断し、時間稼ぎに奔走する始末。
あまりにもお粗末です。

ただでさえ更新が遅いと酷評されがちなスマホ業界。
今回のシステムアップデートは以前からずっと心待ちにしていた人もいたことでしょう。
ほんと悪い方に期待を裏切ってくれるものです。
ユーザーの皆さんは、一刻も早い対応を望むばかりでしょうね。

★ジリ貧のドコモ
まだまだ日本国内ではダントツのトップではあるけれど、完全なジリ貧モードのドコモさん。
今までの貯金があるからやっていられているけど、働いている人はつまらないでしょうね。
何も新しいことが起こらず、ただあるものを守っているだけ。
そんな人生の何が面白いのでしょうかね。

結局アイフォン競争に乗り遅れてしまった為に、もはや最新の話題からは完全に蚊帳の外です。
もし、契約者数で、auかソフトバンクに追いつかれることが起こったら、一気にいかれますよ。

そして衰退です。
外資か、もしくはスプリント・ネクステルを買って絶好調の孫さんに買収されてジエンドかもしれませんね。

それにしてもSBの世界戦略は無謀とも言われていますが、何だかんだ話をまとめてしまう孫さんは偉大ですよね。
世界にもどんどんと名前が知れ渡っているようです。
今回の買収金額は孫さんの広告費と考えれば安いものかもしれませんね。
[PR]
# by gutann | 2011-10-18 22:44 | 日記

史上最軽量車!?「未来の車」誕生

衰えを知らない自動車産業から、またしても新型車が登場するようです。
それは、炭素繊維(カーボン)で作られた車らしいのですが、今までのと結局どう違うのかよく分かりません。

まず炭素繊維は、軽くて丈夫なことで有名です。
鉄よりもはるかに軽く、耐熱性・耐久性にも優れるという夢のような素材。
反面この素材が抱えるリスクは、生産コストが恐ろしく高いという点だそうです。

もちろんこれは、車にしたとしても言えることのようで、生産可能な状態でありながらコスト面でのリスクを考慮すると、まだまだ課題は残る様子。
ゆえに、この車がいますぐ一般家庭向きに生産、とはいかないようですが、TVや車はいずれは安価になっていくもの。

軽い素材なので燃費も良さそうですし、買う側には嬉しい事ばかりですね。
とはいえまずは、レーサー向けの車として開発されるみたいです。

軽いということは、燃費だけでなく最大速度も加速度も高くなるってことでしょうから。
とにかく早く一般家庭向けに作ってもらいたいです。

これがエコ時代の救世主となるか、それとも電気自動車に生産負けするのか、今後の展開に興味深々です。

★安全性は大丈夫?
そもそもベンツなどがお金持ち達から愛されてきた理由は、その安全性にあります。

作りがしっかりとしていて重厚感がありますから、少しの事故にあったくらいでは、中に乗っている人はダメージが少なくて済むのですね。

だから、自分の身体や時間を大切にする人たちから愛されてきたわけです。

でも、炭素繊維を使った軽いクルマの場合は、高いからと言って、中に乗っている人を守ってくれるわけではないとしたら、誰が乗ってくれるのでしょうか?

きっと新しもの好きな人だけなんじゃないでしょうか?
その点を解決しない限りは、一般的には流行らないような気がします。

レース用として活用するにしても、やはり強度がなければ、事故が起こった時にドライバーの生命に関わる問題に発展してしまいます。

何か良い活用方法はないでしょうかね。
[PR]
# by gutann | 2011-10-11 23:51 | 日記

ゲームや学校、恋愛についてを、自由に書いていく日記です。
by gutann
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々のできごと
ライフログ
日記

フォロー中のブログ

検索

i2i

海外ドラマ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな